スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
究極の激安店
テレビや雑誌に出てくる激安店を見ていて
「そんなに安いかなぁ」と思う事が非常に多い。
まぁ「この味」「この雰囲気」「このボリューム」で
安いって事なのだろうと思うので、あれなんだけど。
とりあえず金欠の時に助かる安い店をまとめてみたい。





■究極の激安食は一食100円である

そこまで困る事はあまり無いけれど、どうしようもなく
金欠でとりあえず腹を満足させたい。そんな時に行くべき
究極の激安昼食は神田駅前の「都そば」のうどんに限る。
「かけうどん100円」。東京には珍しく黒くない汁。
申し訳なさそうにネギが乗っているが、量もまずまず。
具を載せると価格が倍々ゲームになるのでかけうどんかかけそばがいい
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/314640.html

このうどん屋の隣にパン屋があるが、ここのパンはたまに
タイムサービスで価格崩壊を始める。不自然なほどにでかいので
これで昼食を済ませるのもいい。たぶん、1食100円で済む。





■究極の激安移動手段で1万円コストカット

あぁ!明日は出張だ!明日の朝には大阪に行かないと!
新幹線だと1万3千円もしちゃうよ!高いなぁ!どうしようもないかなぁ!
そんな時には夜行バスを使うのがいい。新宿までダッシュして
バスカウンターで超青春得割号をリザーブだ!たぶん、夜に行くと
埋まってるので、すかさず「補助席でお願いします!」という。
これであなたはたったの2100円で大阪に着く事が出来る。
補助席が埋まっていたら?大阪には行けないな。
しかもバスが出る前にそういう問答をしてるだろうから、
もう新幹線も無くなっているだろう。諸刃の剣の手段ではある。
http://www.kakuyasubus.jp/kanto_kansai/super_youth/





■終電逃した後の判断で新渡戸稲造が生還する

サラリーマンは奴隷闘士である。我々、営業戦士は年末は
忘年会でアルコール濃度が急上昇だ。ふっと気付くと
終電はかなたに見える小さな光と化し、無機質な
プラットホームに立ち尽くすこともあろう。
しかし、ここでビジネスホテルを頼る前に少し考えよう。
そう、我々には漫画喫茶という大きな味方がいる。
神田のビジネスホテルの平均価格は約7000円程度。
漫画喫茶なら高くても2500円だ。シャワーも完備。
漫画喫茶は地味に冷えるのでフロントでひざ掛けを借りよう。

神田近辺で安い漫画喫茶ツートップは

駅前のポパイ(ナイトパック1500円 地域最安値)
http://www.media-cafe.ne.jp/kanda/index.html

あとプロレスラーの藤波の看板のネットカフェもまずまず安い。
価格はポパイ、空き具合、PCの性能は藤波。



■成人男性の宿泊施設

あと、漫画喫茶では自慰行為は基本的にご法度なので、
「ブッこいてから寝るァ」したい人は↓の店がよい

ひまパラ
http://www.himapara.com/dvdlist/shop.php
だいたい3000円で朝まで寝ていられる。
店舗にもよるが漫画喫茶と違ってモーニングコールがあったり
TVが超大画面で映画が大迫力だったり、ベッドがあって
背中をフラットにして寝られたりする店もある。シャワー完備。




■真の漢は100円で酔う
僕は仕事以外ではあんまり飲まないが
一人または友人とちょっと飲むぐらいなら200円で十分。
神田には100円バーなんてものがあるので、これでいい。

http://www.walkerplus.com/tuad/hyakudining/






K田:やはりモノの単価を上げるのは美味しさ、ボリューム、
   安心感、いろいろとありますが、やはり一番大きなものは  
   見得なのだと気付きました

Y岡:我々は価格が高いといわれる東京でもうまくやれば
   驚異的な激安ができるという事を学びました。
   これは我々、日本人が見逃してきた事ではないでしょうか

    私達は来たる「年収50万円時代」に備えて、これらの
    ライフプランを世の中にて提示することで、これを
    「究極の激安プラン」として知らしめたいと考えます。


Y岡:以上で究極側の発表を終わります。
スポンサーサイト


日記 | 09:04:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。