スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ニューハーフヘルス(6)
運動をして体が熱くなるのとは違う。弥生さんの指が俺の身体に作用して
そこから、本質的に変わってしまった自分の中の女としての性が
身体をどんどんと熱く、高ぶらせていった・・・・
身体全体が紅潮して、それでもアソコや胸の感度はその昂りに
飲まれることなく、いやむしろ鋭利なまでに敏感になっていった・・・
そんな初めての経験を言葉ではなく、脳裏で反芻するのに数秒。
はっきりした意識を取り戻すまで少し時間が掛かった。
また、これもはっきりした意識ではないが、なにか、こう、
誰かにしがみつきたいような、もたれかかりたいような気持ちが
自分の中に生まれているのを呆けた眼の裏側で、感じたような気がした。

「・・・あらあら。グッタリしちゃって・・・って弥生姉さん!?」
恭子さんの声にようやく反応することができて、ふっと恭子さんの顔を見る。
恭子さんの視線は俺の足元・・・ではない。もう少し上。空。

そこにいるのは・・・
いつもは女性然として楚々としている弥生さんは目を血走らせ、
息は荒く吐き出され、いても経ってもいられないという表情で
ただ、一点を見つめていた。いつもは流麗なしぐさで隠されていたはずの
男としての強靭な筋肉すら浮き上がっているように見えて、
自分が男だったときは女性のように見えていた弥生さんは今、明らかに
女の殻を脱ぎ捨てた男であり、実際の姿かたちよりもはるかに大きく見えた。
弥生さんの姿が実際よりも大きく見えたのはもちろん、自分が小さく
弱い立場になってしまっているから、というのもあろう。
先程まで男二人にいいようにされていたときは、ありえない事態故の
混乱と興奮の中で己の状態をよく掴めていなかった(今も掴み切れていないが)

しかし、一度女性としての絶頂の場に飛ばされた今となっては
さっきよりも少し落ち着いた事と、悔しいことに女性としての弱い肉体に
脳が少しばかり適応してしまったことで、二人の男の大きさ、強さを認識してしまった


それはもはや、恐怖に近いものと言えた。
「なぁ・・・・いいだろ」
弥生さんの口から明らかに男としての欲望がそのままに自分に向けられている。
中腰になり、右手をその男性器に添えて自分に向かって少しづつ近づいて来ている。
俺も男だったんだ。次は一気に歩幅を縮めて、あの男性器を挿入されるに違いない。
それぐらいのことはわかる。わかるからこそ、怖い。怖くてたまらない。
弥生さんの男性器は大きかった。男だったときの自分のモノより若干大きい程度だが
これが自分を貫いてしまうという事が半ば、現実的になった今では
そんな実際に見えている大きさなんかどうでもよく、感覚として感じる
とてつもない大きさに脳裏を翻弄されるばかりだった。
少しづつ、近づいてくる弥生さんの下半身から目を離すことができない。
口の中にたまった唾液を思い切り飲み込んだ。双方が双方の性器を見つめながら
感覚が次第に詰められていく。・・・・・駄目だ!
俺は思わず、脱力した身体に力を入れて、弥生さんを押しのけた。
「う、うわ、うわぁ・・・!」
声にもならない妙な声を出して、壁沿いに跳んで背中を打った。
鈍い痛みよりも「早くしなきゃ」という気持ちに駈られて
丸められた自分の服を必死に着た。上手く着ることが出来ない。
男だったときにサイズが合っていた服はかなりゆるい。しかしどうでも良かった。
この場から逃げられれば。弥生さん、恭子さんの目を見ることが出来ない。
飛び掛ってくるだろうか?いいんだろうか?動転した気持ちでなんとか服をまとい
なんとか口から出た言葉は「早退させてもらっていいですか!?」の一言。

そこでようやく二人の顔を見ることができた。
驚きの中にある恭子さん。驚きに加えて失望の表情を浮かべた弥生さん。
返事も聞かないままに俺は携帯電話を掴んで、店の外への走り出した。


スポンサーサイト
tsf小説 | 11:29:23 | Trackback(0) | Comments(0)
ニューハーフヘルス
先程から段階的に指の動きを早めていた弥生さん。
だが、突然、指の動きが獰猛に、スピードが増す。
驚いて、股間を見ると弥生さんは左手を右腕の付け根に当て、
先程まで人差し指一本だった指に中指を加えて、
思い切り、指を出し入れしている。もう何も考えられない。

「うっ、はぁあ!!うぅ、はぁ!はぁん!いや、あぁ!!!」

もう声がどんどん女性器から肺を押し上げて、出さざるを得なくなる。
弥生さんの頭に覆いかぶさりそうになったところを恭子さんが
俺の肩を引き寄せる。「だぁめ、こっち」

恥ずかしい、気持ちいい、なん、なんだこれ!!
できれば身体を前に倒したいと本能的にそう考えた。
しかしそれさえも許してもらえない。
反らした身体は恭子さんの指が官能的に動くのを
弥生さんの指が激しく蠢くのを嫌でも見せ付けられ、
狂ってしまいそうになる。

「あぁ、あァん!いやはぁ、うはぁ、、あはぁ!!!!」

「あらあら、物凄く感じちゃってるわねぇ」

そんな軽口をたたきながらも弥生さんの指は休まるところを知らない。

「あはぁ、あぁぁぁあ!!はぁ!うぅぅぅうう・・・あぁ!」





ヌメッ


指だけでどうにかなりそうだった女性器になにかが加わった
な・・・舐めてる・・・・・弥生さんが俺のを舐めてる・・・!!
指より広い範囲で女性器全体を責められている・・・

「うぁうぅぅぅ・・・・・・」」


「あんたさ、もちっと女の子っぽくかわいく喘ぎなさい」
恭子さんがなにか言っている。無理だ。そんなもん!

弥生さんはゆっくりと舐めていたが、これも指と同じく
だんだんと激しさを増していった。そして指は再び、膣の中へ



「あはぁああああああああああああああああああああ!」

今までの衝撃が吹っ飛ぶような衝撃

弥生さんが人差し指を膣から抜いてクリトリスに触れた衝撃だった


「あ;あ;あ!、そこっ!!そこだめええええええ!!」

なんだこれなんだこれなんだこれなんだこれ!!!


あまりに大きなショックに
「あぁ、これがイってるってことかな」なんて思ったりした。
しかし、それは間違いだった


弥生さんの指は再び、膣に挿入され更に激しさを増してくる。
下がクリトリスを確実に捉えて、掘り起こし、攻め立てる

「うぁっ・・・・・ぃっ・・・・・っ・・・!!・・・」

先程までは声や身体の蠢きがそれに反応できていたが、
もはや、適応すら出来なくなってきた。

はっきりした声ではなく、息も絶え絶えになって来る。

しかし、この女の身体の中で確実に「感度」は蓄積され
それははっきりと意識されており、存在していた。

(もう・・・・イッたんじゃないのか?さっきので・・・?)

「うぁっ・・・・・ひぃっ・・・・・うはっ・・・・」


「あらあら、ヨダレたらしちゃって・・・いやらしい娘・・・・」

恭子さんの声にも反応できない。もうただ、この身体に
翻弄されるのみだ。もうどうしようもないのだ。

蓄積された感度はみるみるうちに大きくなり、もうすぐに
自分では抱えきれないようになるだろうとわかった
その向こう側に何があるのか、恐ろしく、怖くて、

「ああああ;;あ;!なんか来る!!!!怖い!!いやぁ!!」

・・・・・叫ぶしかなかった。なにかが蠢く。どうにかなってしまう。
自分に残った最後の自分がふっとんでしまうかもしれない。

「イきそう?イきそうなの?」
弥生さんがささやく
この「何か」を止めて欲しくて叫ぶしかない

「やめて・・・・もう・・・・だめ・・・・マジ・・・来る!!」

もう弥生さんは何も言わない。

「ああああああああああああああああああああああああああ!!!」
全てが吹っ飛んだような。いや、自分が白い世界に落ちていく
さっきまで翻弄されていたものから解放されて、いや、
先程まで翻弄されたものにこそ自分が落ちていくような。
後で思い返してみるとそんな感じであった。
イったあとも弥生さんはまだ指の出し入れを続け、
俺の叫びとともに恭子さんはギュッと乳首を捻ったそうだ。

しっかり認識したわけではないが、おかげであの白い世界へ
俺は落ちて行ったんだろうと思う。

・・・・・なんだこりゃ・・・・これが女の、身体か・・・


tsf小説 | 00:40:59 | Trackback(1) | Comments(0)
ニューハーフヘルス3
・・・・・・熱い・・・・・・

それとただ、ムズムズしていた感触がなにか発達してきてる・・・


「くっ・・・・・・・・・くぅぅ・・・・・・はっ・・・・・・・」」


認めたくなかった。変な液体を飲んで一時的に体が変質していても
これは病気みたいなものであって女と言う別の物に完全になったわけでないと
しばらく休むなりなんなりすれば元に戻れると思っていた。

しかし二人のうごめく手(まるで人間の手とは思えないような)は自分の
変わってしまった身体をこれでもかこれでもかと触れてくる

「うっ・・・・・・・ぁぅっ・・・・・・・」

昨日までの自分の身体では起こりえなかったショックが起こるたびに
肌から身体の奥へ、そして脳へと、今、自分はこれまでと違う
生き物になってしまったんだと気付かされていくようだった。

しかし、男なんだ!ずっと男として生きてきたんだという思いが
脳からそのショックに対して信号が出ているのもこれまた間違いなく


これまで20年も男として生きてきたその自負、俺の人生そのものが
必死に自分の身体の氾濫を押さえ込もうと戦っていた。
最後の理性とも呼べるものが、変容してしまった自分の身体の
動き、感度をなんとか認めようとしないでおこうと戦っている。
それが息から途切れ途切れに漏れる声となって現れていた。

「・・・・・・・・うっ・・・・・・・・おっ、あっ・・・・」

なんとか押さえ込もうとし、漏れる声をなんとか元と自分の声
男の声であるかのように偽装しようとするが、その吐息はどうしようもなく
変わってしまった---------女の声------であり
どうしようもない現実を認めればこれまでの人生が消えるような気がして
それを自分の理性はとても恐ろしく感じ、逆に自分の身体はそれを
・・・・・・・・・・認めたくない、認めたくは無いが・・・・・欲していた。

「ほーら、どこまで我慢できるかなぁ~」
恭子さんの目が湿気っている 獲物を狙うタカ、男の目と
気持ちの上では今や同姓となった俺と共感する女の眼。
二つをあわせたような瞳で、俺の眼をじっとみながら、
おれを試すようにゆっくりゆっくりと人差し指、親指を躍らせる。

「・・・・・・・・あふっ・・・・・・も、もう・・・やめっ・・・」

強い男らしい口調で二人を制しようとしたが、漏れたのは
情けない吐息とハンパな言葉だけだった。
恭子さんも弥生さんもその言葉に何も言葉では返さない代わりに
恭子さんは俺の乳首を軽くヒネり、弥生さんは俺の尻を撫で回す。

(うわぁ、尻なんて撫でられたことねぇよ・・・痴漢にあってる
 女の子ってこんな感じなのか・・・って弥生さんはプロだから
 痴漢なんかよりもっと感じてしまうかもしれない・・・・)

必死に抗う自分の中の「男性」が二人の手の動きでだんだんと
崩れていくのを感じて俺はぼうっと天井を見つめた。



「アハァアッ!」

・・・・・・!!!

軽く呆けていた俺の寸隙を突いて弥生さんが俺の股に手を差し入れた
驚いたのはその手の動きと自分が出した声の両方に対してだ

(な・・・・なんて・・・声出して・・・・)

もう恥ずかしさでどうしようもない

弥生さんの手は大きく開いて中指だけ小刻みに震わせて
服の上から俺の・・・・・じょ、女性器を刺激している。

服を着ててもその下に下着をつけていても明らかにわかる
弥生さんが刺激しているのは昨日まで俺にあった男性器ではなく
突然に現れた女性器なのだと。

目で見ていなくてもくまなく動き回る二人の手の動きが
俺の変わり果てた体の輪郭を明瞭に伝えていた。

「ふーん、そんな声で鳴くんだねー」

恭子さんが耳元でささやく

「私達はわざと喘ぐ事はあってもほんとに気持ちよくて
 思わず喘いじゃうなんてことないもんねー、弥生」

「まぁねぇ。ほんとうらやましいわぁ」


弥生さんは布の上からゆっくり中指と薬指をスジに沿わせて
上に・・・・下にと刺激してくる
そんな数センチの指の動きで俺の身体の奥からは
胸に、頭に、指になにより女性器に衝動が走り、
最後に声になってノドのすぐそこにまで伝播してしまう

「・・・・・・はあっ・・・・・うっ・・・・はあっ!」

もうあんな恥ずかしい声は出したくない!!
あの声を出していたら、この身体に慣れてしまいそうだ

必死に声を押さえ込むために声ではなく息を大きく出して
ごまかそうとしたが、それでも声が漏れそうになる。

弥生さんの肩に置いていた手を自分の口に当てて
なんとか声を押し戻そうとするけど、どうしようもない。

「またズボン腰なのに、そんなに感じちゃって・・・
 はぁ~あ、ほんとに淫乱な娘なのかもね・・・・うらやましい!」

そう言うと弥生さんは中腰になり、グッと力を込めて
俺のズボンを脱ぎ下ろさせた


「えっ!!」

弥生さんがズボンを脱がせたあと、自分が履いているものをみて驚いた
そこには覚えのある黒と灰色のトランクスではなく
白いシンプルなショーツがはかされていたのである。
しかもその布のショーツは見事なまでに自分の女性と化した
股間部分にフィットし、ある種の美しさをも感じさせた

「か~わいい。さっきもみたけどほんとか~わい~い」
弥生さんが俺に履かせた女性物の下着を見てニヤニヤしている

「やっぱ私らが履くより本物が履くと違うわねぇ」
恭子さんは俺の乳首をきゅっとつねって俺の顔を見た。

「ねぇ。恥ずかしい?それとも嬉しい?自分の股間がこんなにかわいくなっちゃって」
「嬉しいわよねぇ?」
そういうとまた乳首をつねる

乳首を攻撃されるたびにビクッと震える身体に翻弄されながら
再び自分の下半身を見た

細い足 全体的に丸く変容したふともも 色は透き通るように白い
そして・・・・・ショーツの形からしてあまり、大陰唇が大きいような
娘じゃないように思える。お尻もきっとこぶりなんだろう

「あら?ほらほら、もう濡れてるじゃない」

自分の身体に見とれていると弥生さんが下から上へと
手の平を揃えて撫で上げた、その手を自分の身体の間に
なにがしかの液体が存在する事を再確認させられた。

・・・・・・・・・・・濡れてるんだ・・・・

「私らも女の子相手した事無いから自信なかったけど
 ちゃんと濡れてくれてるんだねぇ・・・嬉しい!」

弥生さんの物凄く嬉しそうな顔。
俺はそれと半面に濡れてしまった自分を受け入れるのか
受け入れざるべきか、またわけがわからなくなっていた


「濡れてるって事はもう、カラダだけじゃなくて心もオンナノコなのかな?」
弥生さんが人差し指でヴァギナを触ってくる。
さっきまでは乾いた指と乾いた空気を感じていたのに、
今はもうその指がヌラリとした軟体のように感じられる。
実際は僕がのココロとカラダが軟体になってしまっているのだろう。
この二人の技で濡れてしまった、そんな自分がとてもいとおしくて、情けなくて、恥ずかしくなって
思わず目を閉じてしまった。

「恥ずかしいの?かわいいわねぇ」

そんな弥生さんの声とともに頬に何かが塗られた感触を覚えた。
思わず目を開けると弥生さんは俺の股から分泌された愛液を人差し指と中指でもてあそびながら、
俺の顔にその愛液を塗りつけていた・・・・

なんかもう声が出ない。恥ずかしくて恥ずかしくてどうしようもない。


tsf小説 | 16:01:03 | Trackback(1) | Comments(0)
ニューハーフヘルス2
「ねぇー まだ濡れないのー」

恭子さんが上目遣いで突拍子もない事を聞いてくる

「ぬ、濡れ、ぬれるって・・・・な、なにがですかっ!」

やれやれといった表情で恭子さんは続ける

「本物のメスのカラダは股が濡れてくるらしいじゃないのよぉ
 アタシらまだ取ってないし、取った子に聴いても濡れるってのは
 ないらしいからねぇ。本物の女の子が濡れるトコみたことねーのよ」

凄く恥ずかしくなった。そもそも俺は男だし、そんな、
濡れるだなんて。股が?チンコがあったてtか、
俺にとってはチンコあるのは普通の場所で、え、ぬ?濡れる?

「そんなドギマギしないでよ。気が動転してんのはわかるけど」

てか、なんでそんな恭子さんは落ち着いてるんだよ!
なんか弥生さんまで俺の乳撫でてるし!

「ちょ、やめてくださいよ そんなんして戻れなくなったらどうします?」

とりあえず戻りたかったし、余計なことされても困ると思った。
しかし悲しい事に恭子さんの口から信じられない一言が飛び出す。

「いやぁ。やっぱ男の気持ちがわかるモノホンの女性って
 これはなかなかレアな存在なのよ。ちょっと実験台になってね・・・・と」

「い、いやだ!俺の人権も守ってくれよ!ってか、誰のせいで
 こんなんなったと思ってんですかぁ!!!」

必死に抗議したつもりだが明らかに自分の知ってるいつもの声ではない
高く透き通った声で。それがあまりに不自然で。
なんか・・・・・・抵抗できないんじゃないかと、本能で思った。


「・・・・・・・・・・・ねぇ」

恭子さんと俺のやり取りを黙って聞いていた弥生さんが口を開いた。

弥生さんの人差し指と親指は指の腹の部分を使って繊細に俺の
胸の突起物を刺激しているのが気になるけど。

ふざけた口調の恭子さんと違って妙に真剣な口調だったのに
少し驚いて弥生さんを見上げると、何か申し訳なさそうな
何か言いたげな顔をしてこちらを見つめていた。

「あなたには酷なことかもしれないけれど。私達は本当に
 本当に子供の頃から女性ってものに憧れてきたの。
 それはこの数ヶ月、ここで働いて、感じてもらえたと思うの」

そういうと弥生さんは僕の胸から手を離した。
恭子さんも反対の胸からスッと手を離した。
さっきまでニヤニヤしていた恭子さんも真面目な表情だ。

「私達は女性になる為なら何でもしてきたわ。
 どんなつたない情報でも掴んで、いくらでもお金をつぎ込んで
 あのホルモン液だって私達はみんな飲んだ。でも駄目だった」

もう今にも泣きだしそうな顔で弥生さんは言った。
グッと手を握り締めて。

逆からも声が聞こえた。・・・・・恭子さん

「アタシもあのホルモン液には賭けてた。
 まさかアンタにだけ効果が出るなんてね。皮肉なものさ」

「正直、私達はあんたがうらやましいよ。ほんとうに
 だから、ちょっとイタズラしたくなったんだ・・・それと」

・・・・それと?



弥生さんの方から嗚咽が聞こえた
「ごめん・・・ごめんね・・・あなたが悪いわけじゃないのに
 望まない性になることのつらさは私達が一番良く知ってるのに・・・」

ゲッ!とうとう弥生さん泣き出しちゃった!!

恭子さんにも涙が伝染したのか
「アタシが悪かったんだ・・・・ごめんよ。ほんと・・・・」

ゲゲゲっ。うわ、なんか、もうしわけねぇ。
うわうわ、どうしたらいいんだろう。
いやまぁ、確かに自分の境遇はとても不幸なんだけれど
そんなのさておいて俺は二人を庇う方にしか思考が行かなかった

「え?いや、そんな!大丈夫だから!うん。治るかもしれないし!
 ほら、そんな泣かないでよ!美人が台無し!ね!ね!」

うつむいていた弥生さんから言葉がこぼれる。

「ほんと?ほんとに大丈夫?私達を許してくれる?」

「うんうん!恭子さん責めても仕方無いし!!」
まだ気も動転してたし、自分のショックもあったけど
必死に作り笑顔を見せて二人を元気付けようとした。

「ほんとに?」

「ほんとだってば!大丈夫だよ!!」

俺のカラ元気でなんとか二人は泣き止んだ。

「良かった。ほんと良かった・・・」
弥生さんがようやくそうやって言ってくれた時

胸にまた衝撃が走った・・・・

耳に息が吹きかけられる
「良かった・・・・本当に良かった・・・・」

恭子さんが耳に息を吹きかけながらささやく。

後ろから抱きかかえるように恭子さんが俺の乳首を
ゆっくりとこねていた

「大丈夫なのよね・・・・・女の子として扱っても・・・・」

ええええええ!そ、そういう意味じゃ!!!

「ちょっ!」
慌てて後ろを向こうとすると今度は首に息が!!!!

「や・・・弥生さん・・・!!」

「やっぱり女の子になった男性って興味あるわ・・・
 私達の気持ち・・・わかってくれたのよね・・・・・」

弥生さんは片手でまた乳首の周りを撫で始める。
もう片方の手でゆっくりと太ももを触り始めた・・・

二人とも、慣れている。
女性の体を責めたりなんて商売上は無いはずなのに
それでも女性の体をこれまで研究し続けてきて
しかも毎日、性産業で鍛えられているだけの事はある。

強引ではなく繊細にゆっくりと俺の慣れないこの体を
むっちりと撫で上げてくる・・・・

「なん・・・・あっ・・・・・」

さっきの泣き顔を見てるからなんか強く出れない・・・
それに、なんかいろんなとこはムズムズする・・・・

「もう・・・・・」

弥生さんは手の平で小さな円をかいたり、大きくふえたり
この人の手は筆かなにかなんだろうかと思うほどに
ヒュッヒュッとこのカラダに触れていく

恭子さんは弥生さんと違って強く乳首をつまんだり、
リズミカルに転がしたりしていく
二人とも違うけど 違うけどどちらもプロなんだと
身を持って知った・・・・ほんと、プロだ

きっと男の身体のころであればホモにもニューハーフにも
興味が無かった俺でもギンギンに肉ドスが隆起していただろう
それだけの技量がこの二人にはある

しかしハタから見て目に見えてわかりやすい反応をこの身体は示さない
しかし確実に乳首は立っているし、肌も色づきはじめている

ハタ目にはそれぐらいの違いでも、自分ではよくわかっていた


tsf小説 | 16:00:47 | Trackback(0) | Comments(0)
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。